--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-04

宮城県の女川原発は福島原発と違って助かったのか?

 女川原発は安全だとか、311でも持ちこたえたとか、ネットを見るとそんな報道が多いです。そして、再稼動の動きがあります。
 女川原発のオフサイトセンターは津波に襲われ、所長と従業員、避難してきた住民も流されました。オフサイトセンターは緊急事態の時の対応拠点でした。女川原発も津波でショートし火災も起こしています。
 女川原発は当初、もっと低く建設される予定でしたが、住民の反対運動で数メートル高く14.8メートルに建てられました。311の地震で1メートル沈下して、13.8メートルになったところに、13メートルの津波が襲いました。たった80センチで無事だったのではありませんでした、やはり地層から、隙間から、大きな力で女川原発の建屋にも入り込みました。海水で電源はショートし火災を起こしていたのです。
 311で壊滅的な被害を受け、使用不能になった女川原発を再稼動なんて、とんでもありません。宮城沖地震はもう一度近いうちに発生すると言われています。即、廃炉にすべきです。

 廃炉にすると、仕事がなくなるとか、安全と仕事を天秤にかける人がいます。原発に働いているから、反対はできないとか。廃炉作業は稼動している時以上に、人手が要るのです。しかも、40年も、いやそれ以上なのです。仕事がなくなるということはないのです。
 原発の是非は仕事の問題ではありません。原発の是非はエネルギー問題でもはありません。仕事はあります。エネルギーも足りています
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

まるくすれーにん

Author:まるくすれーにん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。