--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-27

故ハワード・ジンボストンの遺志を引き継ごう

 Howard Zinn ハワード・ジン ボストン大学教授、今年の1月27日に心臓発作で亡くなっていたのでした。デモクラシーナウJAPANの放送で知りました。アメリカのサイトを見てみると、もちろん1月28日に追悼番組も放送されていました。その放送が日本では今週だったのです。今頃知って、とてもショックです。本当に今頃なのですが、悲しくてしょうがありません。アメリカの良心が逝ってしまいました。でも、彼の影響力はすごいものだったので、これからも彼の遺志を引継ぎ、世界中で平和や平等のために運動する人々が増え続けることでしょう。

 その追悼番組では、同志でもあり、親友でもあるノームチョムスキー教授のお話や、一緒に仕事をした人々、教え子の話など、生前の彼の映像や写真がありました。とりわけ、デモ行進で警官に殴られシャツが破かれ連行されるハワード・ジン氏の写真は勇ましいものでした。最後に、亡くなる三ヶ月前の2009年の11月にボストン大学で行われた講演でした。 

 『どんなひどい暴君がいるとか、侵略は攻撃があるかと言われても、暴政や侵略に対して受身になるのではなく、戦争以外の解決策を見つけるべきです。なぜなら戦争は必然的に無差別大量殺人を引き起こすからです。犠牲者の多くは子供です。あらゆる戦争は子供に対する戦争です。
 サダム・フセインをい追い払うだけの話じゃない。ついでに我々は多数の人を殺した。彼らはサダム・フセインの犠牲者だったのに。専制君主を倒すために、専制君主の犠牲者を殺してしまった。
 このことから、もう一度戦争について考えてみなければなれいません。今、この時も我々は戦争をしている。イラクや、アフガニスタンで、パキスタンだってそうです。ロケットを打ち込んで罪のない人々を殺している。容認できません!
 平和運動を探して平和団体に参加すべきです。最初は小さく無力に見えるでしょうが、運動はそこから始まります。ベトナム反戦運動も一握りの人々から始まりました。

 上に立つ権力者を支えるのは、下位の人々の服従です!

 従うのをやめれば、権力は消える。労働者がストを行えば巨大企業も力を失うのです。

 消費者の不買運動には巨大チェーンも降参します。

 兵士が戦いを拒否すれば、ベトナム戦争で脱走兵が相次ぎ、徴兵された兵士が上官に牙を向き攻撃して殺すこともあった。爆撃機のパイロットが空爆を拒み、戦争の続行は不可能になった。

 多くの兵士が拒否すれば、政府は戦争を続けられない。

 国民に権力があるのです!一緒に抵抗し、強力な運動を築けば事態を変えられます。これが私が言いたかったことです、ありがとう。』
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

まるくすれーにん

Author:まるくすれーにん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。