--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-29

最後のサンデープロジェクト

 昨日28日、テレビ朝日のサンデープロジェクトが最終回でした。8党首討論が1時間ぐらいありました。与党側は、郵政問題で亀井さんが言っただの、菅さんが聞いてないだのと、ゴタゴタを露呈していました。
 その点の指摘を志位さんが、「与党がこんなに混乱しているかというと、与党政府がやろうとしている方針にそもそもの矛盾があると思います。つまり、郵貯簡保のユニバーサルサービスを義務付けをするという今度の法律、その一方で経営形態は分社化して株式会社にする。株式会社とは利益の最大化が目的、儲からないところから撤退するというものです。」
「どういう郵貯を目指すかという根本理念をはっきりさせなければならない。」
「郵貯をどうしたいのか、利潤追求第一の機関にしたいのか、公共の福祉を第一にする機関にしたいのか、私たちはユニバーサルサービスをきちんと確保する公共の福祉を第一にする機関にすべきだと言っている。株式会社にしたらそうはならないと、もうからないところから撤退するんだと、儲からないところでもきちんとユニバーサルサービスをすべき。」
「預金の上限が2000万円のニーズがあると言ったけれど、大体生活資金ですよ郵貯に預けているのは、100万円200万円という、財布代わりにしているんですよ、だから生活資金を1000万から2000万にしてくれなんて声が国民の中に起こっているわけではないですよ!」
「経済成長は大切ですが、大企業を応援するということは失敗だったと思います。」
と、述べました。
 田原さんがあまり志位さんに発言の機会を与えないので、イライラしてしまいました。結局討論の中で消費税は上げるべきだ、ということと、日本の法人税は高いからもっと下げろということになっていました。志位さんは反論の機会もなく、見ている私はくやしくてしょうがありませんでした。消費税を上げなければならない?法人税を下げる?とんでもない話ですよね。
 日本の法人税が高いというのは、社会保障費をいれていないからです。企業の社会保障費高負担のーロッパに比べると日本の企業は7割程度しか支払っていません。
 今までの消費税の合計と、大企業に減税した金額はほとんど同じです。今までの消費税の合計が20年間で213兆円、大企業への減税は182兆円です。
 という、共産党の反論すらできないマスコミにがっかりしました。けれども、サンデープロジェクトのような政治番組がなくなるというのは、またまた国民から政治を遠ざけるようになるのではと危惧します。
 インターネットの中で、最後のサンデープロジェクトの感想で、志位さんが一番まともだったとか、上品であったという声も聞こえ、発言の機会があまりなかったとは言え好印象で少し安心しました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

まるくすれーにん

Author:まるくすれーにん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。