--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-17

グアムの米軍基地拡大

 沖縄の米軍基地移転問題で、アメリカ軍はアメリカに戻ったらどうか、アメリカと言ってもグアムに移転で決着がつくのでしょうか?
 長さ48kmのグアム島を太平洋の軍事拠点にしてしまってよいものでしょうか?当初、沖縄の七千人の海兵隊を移転させる計画になっていましたが、米国の発表する数字は増え続け、今では八千人とその家族九千人、さらには在韓米軍からも千人の移動も付け加えられました。そして、二万人の外国労働者も見込まれています。人口十七万人のこの小さな島への、五万人もの急激な人口流入はかなりの問題です。
 グアムの先住民のチャモル人はまだ独立していないのです。グアムは国連が非自治地域とみなす植民地のなのです。グアム住民は米国人ですが、大統領への投票権もなく、米国議会に議決権のない議員が一人だけです。そんな中で、チャモル人を無視した軍事増強が計画されているのです。
 300年間スペインに支配され、1898年から米西戦争で米国に譲渡され、1941年から44年には日本軍に侵略され、その後は再び米国の植民地支配です。グアムは500年間ずっと植民地なのです。
 
 やっぱり、いや絶対、米国の軍事基地など世界にはいらないということです。

 ディエゴガルシア島に世界で第三に大きい米国の軍事基地があります。その島は、インドの南、モルディブ諸島のすぐ南にあるチャゴス諸島(イギリス領)にディエゴガルシア島があります。1950年代に米国が計画し、1960年代に、英国に1400万ドルの秘密資金を渡し、巨大軍事基地を作ったのです。そのために、英国政府はティエゴガルシア島の住人を強制移動させたのでした。2500人とも言われる住民は財産を奪われ、独自の文化と伝統を壊され、モーリシャスのスラムに捨てられたのです。
 ディエゴガルシア島の住民は2001年から、英国、米国で訴訟を続けています。ここは、米国にとって最重要な拠点になっているのです。広い戦略地への地理的な近さがあります。アフリカ南部から中東ベルシャ湾、南アジア、東南アジア等、特に中東や湾岸地域ににらみをきかせています。石油や天然ガスを支配するためです。そして、この巨大な軍事基地からイラクやアフガニスタンに戦闘機が飛んで行くのです。1980年初頭以来、この島には報道関係者は一切訪問禁止になっています。いったいその基地ではどんなことが行われているのでしょうか?


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

まるくすれーにん

Author:まるくすれーにん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。